Investment time (投資時間)

時間とお金は個人にとって特に大事な資本で、これらをどこにどれだけ投入するかということは人生を左右するほど大きな岐路になります。今の自分は、過去の自分がお金や時間をどこにどれだけ投資してきたということの結果が反映されていると言っても過言ではないでしょう。

Time (時間)

時間は誰にでも平等に1日24時間が与えられていますが、その中でどれだけ投資効率の良い活動に時間を投資するのかは人それぞれです。高額所得者方々は空き時間があれば、勉強や人と会うこと、じっくりと物事を考える時間を持つことなどに使いますし、無駄な時間を過ごすことを嫌います。 時間という自分の資本を投資効率の悪い活動に使うことを嫌うのです。

 

平均所得者の人たちは、どちらかというと非生産的なものに時間を使う傾向があるようです。 ゲームをしたり、ダラダラと何かをしたり。もちろん、そうしたリラックスした時間も必要ですが、高額所得者の人たちはリラックスするための時間も意識的に持っています。ただダラダラ続けるようなことはあまりないでしょう。メリハリをつけるはずです。

Money (お金)


どうお金を使うかというものも、人生に大きな影響を与えるものです。 お金は大きなパワーを持っているからです。高額所得者の人たちは、自分のため、人のため、社会のためになると思うものであればお金をたくさん使いますが、無駄なものにはほとんどお金を使いません。

 

たとえば、高額の研修を受けたり、身の回りの高価なものを購入したり、フェアトレードの高い商品を購入したり、誰かにプレゼントしたり。今このお金を使うことで、どれだけ自分の人生の彩を増してくれるか、どれだけ人生を充実させてくれるか、といった基準でお金を使います。

人生を豊かにさせたり心に余裕を持つにはやはり「お金と時間」が必要になるというわけです。全てが当てはまるとは言いませんが、投資に興味がある方々は少なからず同じ考えを持っていると思います。

本業と副業を両立させる

「お金持ちになりたい」と思うのは誰でもそうでしょう。好き好んで貧困生活を送り続けたいなんて人は、よほど裕福な生活をしてきた人以外は思わないものです。だからこそ副業をしていたとしても、副業のせいで本業をなくしてしまいたいなんてことは本心では思っていないはず。

 

副業で成功したから本業を辞めるというのはアリだと思いますが、ただ単に副業に夢中になってしまっていたために、本業がおごそかになってクビになってしまったでは、本末転倒。副業は本業では稼ぎきれなかったお金を稼ぐためのもの。いわゆる補助です。それ以上でもそれ以下でもありません。

副業の時間帯

副業は基本的に本業の合間にするため、夜や夜中、土日に行うことが多いと思われます。そのため、学生の時に行っていたようなバイトとは違い、時給換算をすると割がいいはず。副業をしているものが「バイト」であれば、どこかの会社に雇われているので時間の調整はある程度なら行えるかもしれません。ですが投資やアフィリエイト、転売などをしている場合、副業に使う時間帯というのは自分の采配具合に寄ります。

特に私が投資に力を入れている「FXトレード」は「株取引」と異なり土日以外24時間取引ができるため相場チェックは24時間必要になります。相場の動く時間帯は下記に説明します。

  • 早朝6時~8時 ウェリントン(ニュージーランド)市場 シドニー(アジア、オセアニア)市場
  • 昼8時~15時  東京、香港、シンガポール市場
  • 夕方15時~21時 ロンドン、フランクフルト(イギリス、欧州)市場
  • 夜21時~6時  ニューヨーク(アメリカ)市場

時間帯から見るように相場が一番動くのは夕方16時~翌朝6時頃になります。肉団子パパ3は夜21時~6時ニューヨーク(アメリカ)市場の時間帯に2回もロスカットを食らいました!

私も人間なので24時間起きて相場をチェックもしていられません。幸運にも私の職業は「技術職」シフト制「早番」「中番」「遅番」のある職種なので、勤務時間に分けて相場をチェックしたりトレードすることが可能です。

しかし、いつも決まった勤務時間 (朝8時~17時)の方や、朝方の方にとってFXトレードは本業に少なからず障害が出ることもあるのではないでしょうか?果たしてどんな職業が副業に向いているのでしょうか?

職種と職業

1. エンジニア (システムエンジニア)

システム系エンジニアは、当然PCを主に使って仕事を行なっています。環境によってはスマホやタブレットも使っているかもしれません。そのため、PCやスマホなどの利用スキルや知識は、他の職種に比べて豊富です。コンピュータやスマホ、タブレットなどを使いこなすスキルは、多くの仕事で必要人会ってきています。そのツール達を誰よりも使いこなせるのがエンジニア。そう考えると、どの副業を行うにしても非常に有利な状況で始めることができます。

2. 事務やオペレーター(一般事務)

一般事務職が恒常的に長時間労働に従事する企業は稀です。ただし最近では正社員の一般事務職の割合は低下しているため、契約社員、派遣社員、パートでの勤務が中心となります。ですが「自由な時間」を持てるため投資の勉強や知識を向上させることが可能です。多くの高額トレーダーはこの職業から転職し「投資家」として変身しています。

3. 工場作業員

工場のライン作業員も勤務時間が固定的なので、プライベートの予定を立てやすいでしょう。ただし鉄鋼・化学など素材系や弁当・惣菜などの日販品の工場は24時間操業のシフト勤務の場合が多いです。勤務時間も決まっているため投資環境としては申し分ないでしょう。ですが、しっかりした福利厚生や寮のある工場などを探したほうが良いと思います。

4. 警備員

オフィス・工場などの警備員は仕事内容や勤務体系が確立されているため、プライベートの時間を確保しやすいと言えます。

一方で道路整備を含む工事現場の仕事が中心の会社では、夜間の仕事も多く勤務時間が不規則になりがちで、正社員枠は少ないと思います。

5. タクシー運転手

タクシー運転手は24時間体制の1勤1休など勤務体系が確立されており、基本的に残業という概念がありません。連休を取りにくく深夜勤務があります。(日勤だけにできる会社もあります)収入の方も比較的悪くなく、メリットとしては多くの会社が「福利厚生」に力を入れているため、働きやすい職場になりつつあるようです。

まだまだ「投資に適している職業」は御座いますが、求人広告などを見てみると良いかもしれません。もし皆様が「投資に時間を割きたい」と考えて転職を考えているのであれば、下記の事項が重要になると思います。

プライベートを優先できる仕事の特徴

1.勤務時間が短い

勤務時間が短ければプライベートを優先しやすくなります。契約社員、正社員はフルタイム勤務が原則となるため、とにかく勤務時間を短くしたければアルバイトかパートの仕事が向いています。

2.休日が多い

地方を中心に完全週休2日制を導入していない企業は少なくありませんが、その一方で週休3日制を導入する事例も出始めています。遠出したい人であれば、変形週休3日制も含め3連休の多い企業がオススメです。

3.有給休暇を取得しやすい

有給休暇の取得のしやすさは、企業や業界の体質により異なります。例えば銀行、証券、保険業界では年1回の5日以上の連続休暇の取得が実質的に義務付けられています。さらに、外資系金融機関の場合は2週間以上の休暇が常識です。大手メーカーでは、ゴールデンウィーク、お盆、年末年始に10日から2週間程度の長期休暇を設定することが一般的です。

4.残業・休日勤務が少ない

一般的に定型業務の多い工場、店舗、本社の一般事務職は、残業・休日出勤が少なくなります。工場や店舗の場合は繁忙期には残業等が増加しますが、恒常的に長時間残業が続くことはありません。

5. 勤務形態

フルフレックス制度や在宅勤務などを取り入れて、出社時間が自由だったり出社する必要がない会社もあります。仕事の成果を重視し、拘束時間を重視しない風土の企業に多く見られる制度です。こうした勤務条件であれば、子供の急病や家族の急な用事にも都合を合わせやすいのが嬉しいですね。

 

まだまだベンチャー企業など若い業界が取り入れている傾向にあるので、プライベートの時間を確保したいと思って転職をしたのに、高い成果を求められて逆に拘束時間が長くなってしまうというケースが考えられます。そうならないためにも、転職エージェントの担当者に内情を聞いてみたり、面接のときにしっかりと情報を取得しながら、転職先を判断するのが懸命でしょう。

6. 社員の就業環境に配慮がある会社を選ぶ

社員の就業環境や労働環境に配慮がある会社でないと転職をしても、こんなはずじゃなかった!と後悔することになりかねません。プライベートを充実させられる職種を見つけたい場合は、会社の風土を重視し、しっかり見極めて転職先を選ぶようにしましょう。

肉団子ぱぱ3から一言


実は肉団子パパ3は「三回も転職しました」今の職場は「プライベート時間」「福利厚生」「給料」「有給取得」全て優良会社です。


今の会社に転職して「住宅ローン」もすんなり通りました!!恐らく皆様も一度は耳にしたことのある「企業」です。


現在は「投資時間」「家族の時間」を効率よく費やすことが可能なのです。

 

プライベートを優先して仕事をしたいのであれば、自分自身の働き方に対する意識の持ち方も変えていく必要があるかもしれません。


勤務の時間、その他にも叶えたい条件も明確にした上で、まずは転職エージェントや転職サイトへの登録をオススメします。


そこから情報を取り、実際に企業に足を運んで1社1社判断をしていくことによって、希望する働き方・職場が見つかるのではないでしょうか。


プライベートを優先できる仕事はいろいろあります。ただし、企業や官公庁では基幹職に就くことが難しく給料は少なります。

自営業の場合は、儲からずに暇を持て余す人と、時間のやりくりは可能だが休暇を取れないほど多忙な人に二極分化しがちです。

 

店舗経営や予約制の業務の場合、自分で自由な時間を確保することは可能ではありますが、急に休むということは難しい面もあります。


プライベートを優先して働くということは、ビジネスマンとして一流になるとか大金を稼ぐとかのサクセスストーリーを捨てる覚悟を持つということです。

 

お金の余裕より心と体のゆとりを重視するという人に向いている働き方なので、その点をよく考えて仕事を選びましょう。

肉団子パパ3お勧め転職サイト

  • リクナビNEXT / リクルートエージェント
  • DODA(デューダ)
  • マイナビ転職 / マイナビエージェント 
  • 転職サイトなら日本最大級のエン転職

錬金術師 肉団子パパ3がお世話になった転職サイトです。某有名な企業情報も満載です。登録だけでも可能なので一度有名企業へエントリーしてみてはいかがですか?裏求人もあります。裏求人は求人サイトの担当者とコミュニケーションをとることで「特別推薦」で応募させてくれます!

 

裏求人-転職サイトだけが持つ広告(私はこの裏求人で中途入社しました)

 

錬金術師 肉団子パパ3のように上手くいけば「生活環境が一変」しますよ!!