日本の競馬

競輪・競艇・オートレースと並ぶ公営ギャンブル(公営競技)

日本中央競馬会(Japan Racing Association)

日本中央競馬会が開催する競馬。

札幌,函館,福島,新潟,中山,

東京,中京,京都,阪神,小倉の 

10競馬場において,年間最高 288日,約 3000レース実施している。このうち 3歳馬限定のいわゆるクラシック競走(桜花賞,皐月賞,優駿牝馬〈オークス〉,東京優駿〈日本ダービー〉,菊花賞)に,天皇賞(春,秋),有馬記念を加えたものは八大競走と通称され,最も人気を集めている。

・中央競馬は年始を除き、毎週土曜日・日曜日に最大3ヵ所の競馬場でレースが行われています。

・中央競馬の競馬場は全国に10ヵ所あります。

・1日のレース数は基本的に12レース。メインレースは最終レースのひとつ前に行われます。

 

<関東・関西に拠点が2つずつ>

・全国に10ヶ所ある競馬場のうち、関東・関西それぞれに拠点となる競馬場(関東では中山・東京 競馬場、関西では阪神・京都競馬場。この4つの競馬場を中央場所という)があります。

 

・関東・関西の中央場所1場ずつの開催に、ローカル場所(中央場所以外の競馬場)のうちの1ヶ所の開催を含めた最大3ヵ所の競馬場で毎週土曜日・日曜日に中央競馬は開催されています。

 

・夏場の開催は例外で、中山・東京競馬場の代わりに福島・新潟競馬場、阪神・京都競馬場の代わりに小倉競馬場が開催され、これに札幌、函館競馬場が加わり、この7月半ばから9月初めまでの間の時期は「夏競馬」「ローカルシーズン」などと呼ばれています。

<中央競馬開催 競馬場一覧>

 

北海道:札幌競馬場、函館競馬場

 

東北:福島競馬場

 

関東:中山競馬場、東京競馬場

 

北陸:新潟競馬場

 

東海:中京競馬場

 

近畿:京都競馬場、阪神競馬場

 

九州:小倉競馬場

・央競馬のレースはグレードレース(GI,GII,GIIIの重賞)を中心に、右表のように、年齢とレースに勝つことによって得られる収得賞金額によってクラス分けされています。

 

・基本的には「新馬戦」に勝つと次は「500万円以下」、これに勝つと次は「1000万円以下」というように一つ勝つごとに出走可能なクラスが上にステップアップしていくというしくみです。

 

・新馬戦(未勝利戦)から1600万円以下までのレースを条件戦といい、その上のオープン特別からをオープン競走といいます。

 

・グレードレースの最高峰GIレースは競走馬の性別・年齢・適正に合わせて設けられており、それぞれのレースに出走する条件(収得賞金額や

 トライアルレースで勝つことなど)を満たした馬のみが出走することができます。つまり、GIレースに出走できる競走馬は非常に少なく、年間1万頭ものサラブレッドが生産される中で、GIホースとなることができるのはほんのわずかということです。


地方競馬 (The National Association of Racing)

地方競馬のダービーは各地の競馬場で6つのダービーが開催されます。この6つのダービーを6月初旬に施行し、この期間をダービーウィークと呼んでいます。

 

1. 佐賀の九州ダービー栄城賞

 

2. 盛岡の岩手ダービーダイアモンドカップ

 

3. 門別の北海道優駿

 

4. 大井の東京ダービー

 

5. 園田の兵庫ダービー

 

6. 名古屋の東海ダービー

<地方競馬開催 競馬場一覧>

 

北海道:門別競馬場、帯広競馬場

 

東北:盛岡競馬場、水沢競馬場

 

関東:浦和競馬場、船橋競馬場、大井競馬場、川崎競馬場

 

北陸:金沢競馬場

 

東海:笠松競馬場、名古屋競馬場

 

近畿:園田競馬場、姫路競馬場

 

四国:高知競馬場

 

九州:佐賀競馬場

地方競馬を楽しむならナイター競馬!

広競馬場(ばんえい競馬)、門別競馬場、大井競馬場、川崎競馬場、船橋競馬場、園田競馬場、高知競馬場と7つの競馬場で行われています。中央競馬は夏の開催になるとローカル開催となり、地方での競馬が行われます。

一方、地方競馬は中央競馬のように夏になっても競馬場を移すことができませんので、より涼しい環境で競馬を楽しむためにナイター競馬を開催しています。ナイター競馬はライトで競走馬を照らすのできらびやかに輝き、昼間に開催される競馬以上に競走馬の躍動感が実感できます。

基本は賞金によってクラス分けされています。ですので1着にならなくても2着以下になって賞金を加算し、ある一定の賞金に達するとクラスが上がり、今までより強い馬たちと競争しなくてはなりません。

 

中央競馬は勝って次のクラスに上がりますが、地方競馬は賞金を加算して次のクラスに挑戦できるのです。