何を参考にするか?

競艇は圧倒的に1コースが有利です。

理由は最短距離でコーナーを回れる為、他の選手の影響を受けにくいのです。余程伸びの悪いエンジンや、ペラ調整がうまく行っていない場合を除きスタートダッシュで出遅れなければ、普通に1コースのイン逃げが成功します。

 

 

これだけの理由で競艇は1が強いから1から買ってれば勝てるとは限りません。全体の実際のデータとして、各場、イン逃げは多かれ少なかれ30%程度しかありません。つまり、残り約70%は「それ以外」の決まり手で決着しています。

 

 

インが強いイメージがあるかと言うと

1、準優勝戦や優勝戦は、成績上位順に並ぶ為、必然的にイン逃げが多くなる。

2、特賞やイベントレースとして、朝、昼などに組まれるA級選手の1枠優遇レースがある。

 


奇数号艇??

奇数艇が有利と聞かれた方も居られると思います。これは1コースを軸にして、当然外側の選手が内側の選手の進路を塞ごうとしますので3号艇に被せられる2号艇が沈み、結果 1-3  3-1 3-4 となるレースが多いのでご理解頂けると思います。(3号艇よりも2号艇の方がスタートが早い時や、実力が上の場合はこの限りではありません。)

4号艇??

4角(かど)と言われる4コースですが実際に競艇のレースをご覧になると解ると思いますが

 

通常、普通にスタートすれば外側のコース(4,5,6)からの上位入着は難しい為4コース以降は、下がれる所まで後ろに下がって加速しながらスタートします。この為、スピードに乗った4号艇が、まくりやまくり差しを決めるレースも少なくありません。通常の予想では、この1,3,4 の3コースが基本になります。

 

当然、選手達も上記の事を理解しておりますので、展示の際や本番レースでの進入コースの奪い合いは激しさを増します。

時にはこのコースの奪い合いで、展示の際にボートを損傷し、本戦欠場する選手が出ることもあります。

また、A級の選手がこのコースの進入になると、ほぼ1、2着で決まります。準優選出をかけた開催後半は特に点数ギリギリの選手ほどコース取りで熱くなります。


競艇はA級もB級も混合

一般戦ではヒヨッコのB級選手もベテランの艇王と呼ばれるほどのA級選手も一緒に走るのです。

 

例えばB2級の選手の中にA1級の選手が混ざっていたらB2級だけに、と言うレースはまずありませんが、B1、B2の中にA級の選手が1人、2人のレースは結構あります。

 

実際にオッズを見てもらえれば解ると思いますが、その様なパターンのレースは最アウトの6コースからの進入でもA級の選手が本命視され、オッズがかなり下がります。